ホーム ホーム > トピックス > 「2012国際協同組合年 さが交流フェスタ」で協同組合をPR

トピックス

「2012国際協同組合年 さが交流フェスタ」で協同組合をPR

 協同組合の存在意義をアピールしようと、JAや生協、漁協、森林組合など9団体で組織する2012国際協同組合年佐賀県実行委員会は12月2日、佐賀市文化会館で「2012国際協同組合年さが交流フェスタ」を開き、多くの人出でにぎわいました。

 

 協同組合運動はじめ社会貢献の草分け存在である賀川豊彦の孫にあたる賀川督明氏(賀川記念館館長)が「私たちの暮らしと協同組合~協同組合の原点と今日的課題~」をテーマに講演しました。国際協同組合年の意義や協同組合人づくり、賀川豊彦らが取り組んだ様々な運動、協同組合の貧困への取り組みについて話しました。

 

 賀川氏は「国際協同組合年にあたり、新しい形で様々な協同組合同士の結びつきが強まっています。これを軸に、活動の輪が広がってほしい」と期待を込めました。講演会には組合員や役職員ら600人が参加しました。

 

 交流イベントでは、16の協同組合・団体が展示や農産物・海産物の直売などを行いまし。また、ガーデニングやみそ作り、木工、しめ縄作りといった教室もあり、家族連れに好評でした。しめ縄作りに参加した親子は、「稲わらを初めて触った。難しかったけど、うまくできた」と喜んでいました。

 

 「佐賀よかもち」のも米を使った、餅つきの実演では、つきたての餅に来場者が列をつくりました。

さが交流フェスタ.JPG

 

2012年12月20日 JA投稿者
もどる