ホーム ホーム > トピックス > 2011年06月

トピックス

2011年06月

JAグループ佐賀、岩手に支援隊派遣

P1000353.JPG

 

JAグループ佐賀では、4月下旬から5月中旬にかけて、東日本大震災JAグループ支援隊として3班に分け、班員46人を岩手県に派遣しました。

 

派遣された班員は、県内のJA・中央会・連合会・情報センターの役職員で構成され、岩手県のJAおおふなと、JAいわて花巻管内で、JA施設内のガレキ撤去や清掃作業などにあたりました。

 

参加した隊員からは、「被災地の実態を知り、ガレキの撤去など復興には長期間を要すると思われるが、5年後に再度現地を訪ね、復興した姿を見たい」との声がありました。

 

 

2011年06月30日 JA投稿者

東日本大震災支援募金とりまとめ結果

JAグループ佐賀では、東日本大震災により被災した組合員の経済的不安の解消やJAの復興のために3月から募金活動に取り組み、集まった募金3,156万円をJA全中に託しました。

 

今回の募金は、JAの窓口に募金箱を設置するとともに、生産組合・青年部・女性部や部会組織、JA・連合会や関連団体などの役職員から寄せられたものです。

 

JA全中では、全国から寄せられた募金を被災地のJA復興に役立てるため、被災県の対策本部に配分することにしています。

2011年06月29日 JA投稿者

TPP反対署名19万人突破

中央会/TPP署名/農...

JAグループ佐賀では、平成23年1月から4月にかけてTPP(環太平洋連携協定)交渉参加反対の署名運動を展開し、JAグループ関係者の他、県民の理解を得るために広く一般消費者にも呼び掛けました。

 

その結果、目標15万人に対し、最終の署名者数は197,176人(達成率131%)で県民の4人に一人から署名をいただいたことになります。(全国では目標1,000万人に対し、1,120万人(中間とりまとめ)の署名数)

 

政府は、TPP交渉参加の判断時期を当面先送りしましたが、経済界などTPP推進派は、早期の参加を求めているため、予断を許さない状況にあります。参加すれば農業だけでなく、医療・雇用といった分野にも重大な影響が懸念されるので、学習会や集会などを通じて、今後も広く県民に訴えていきます。

2011年06月29日 JA投稿者
もどる