ホーム ホーム > トピックス > 2011年07月

トピックス

2011年07月

役割と責任を学ぶ~JA新任役員が研修~

JA新任役員研修会写真...

JA佐賀中央会は7月21日と22の両日、多久市の教育センターで新任役員研修会を開いた。今年、役員改選があったJAさが、JA伊万里から理事・監事28人が出席。JAの目的と理念、役員の役割と責任のほか経営管理、財務管理に関する基礎知識の習得が狙い。

 

中野吉實同中央会会長が、水田農業情勢や米先物取引への反対、TPP交渉参加阻止にむけた運動など当面する農政課題に加え、JAグループの政策提言をふまえて挨拶。末次豊春同専務理事からは、県内JAの組合員数など組織基盤の状況や東日本大震災復旧へのJAグループの支援ほか、直近の情勢について報告があった。 

 

21日の研修では農業とJAをめぐる情勢、JAの機関と組織運営、理事・監事の義務と責任を学んだ。受講した理事からは「理事の役割は大きいし、基本が大事。勉強しなければならないことは多いが、リーダーシップを発揮し、JAの発展に努めたい」と意気込みがうかがえた。また、22日には経営管理、コンプライアンス、財務管理についても研修し、JA経営の重要ポイントについて認識を深めた。

2011年07月29日 JA投稿者
もどる