ホーム ホーム > トピックス > 2018年07月

トピックス

2018年07月

国際協同組合デー記念行事

 JA佐賀中央会は7月2日、佐賀市の県JA会館で第96回国際協同組合デー記念行事を開き、協同組合の役割と重要性を再認識しました。

 古賀孝博専務が、「昨今、協同組合に対する危機が叫ばれている。様々な課題に立ち向かっていくためには、今こそ他の協同組合組織との連携が必要であり、変化する環境の中で新しい役割を見い出し、多様な組合員・地域に暮らす人々の生活に貢献する役割を発揮していこう。」と呼びかけました。

 国際協同組合デーは毎年7月第1土曜日に世界の協同組合が、平和とよりよい生活を築くために運動の前進を誓い合う日です。

 県内のJA・生協・漁協・森林組合でつくる佐賀県協同組合間提携連絡会議(事務局=JA佐賀中央会)は、毎年この国際協同組合デーに合わせてオリジナルリーフレットを作成しています。2018年度のテーマは「協同を通じてよりよい地域社会へ」であり、協同組合間協同をさらに進め、協同組合が地域で果たす役割・機能の可能性を広げ、地域社会の暮らしを支えることを決意する内容となっています。

 このリーフレットは、県内の関係各団体で記念行事などに活用しています。


180730_ph01...

2018年07月31日 JA投稿者
もどる